2015-06-08(12:05)
確率型詐欺とターゲット型詐欺

109680.jpg

いや、勝手に名づけただけです。既に命名されてたら誰か教えて。

確率型詐欺


「誰でもいいの、数売って気を抜いてる人から引っかかってくれれば」 統計で稼ぐ詐欺。

振り込め詐欺とか、手当たり次第電話してアカンと思ったら即電話切って逃げる。

怪しい投資話とか、めんどくさい人や知識あるひとはさっさと逃げる。

そういうタイプの詐欺。こういうのは自分、避けられる自信がある。

家の鍵を開けている人がいるうちは、自分はキッチリ鍵をかけておけばターゲットにならない。注意しておけば、勝手に注意しない人をターゲットに変えてくれる、そういう対策で十分。冷静に判断して、Webで調べるなり基本的な事柄を調べるなどして突っ込んで行けばOK。

ターゲット型詐欺


「練りに練って、あなたを騙します」 ピンポイントで落としに来る詐欺。

これは俺、やられたら避けられる自信ないです。多分無理。

偶然もわざと作り出し、信頼を勝ち取るために時間をかけてあらゆる策を用いて騙しに来られたら、多分逃げられんです。

当然、そこまでして自分をターゲットにする理由も持ちあわせてのターゲットなわけですけれど。俺騙してもいいこと無いよ? (´・ω・`)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング